So-net無料ブログ作成
検索選択
ようこそお菓子のこネタショップ
元パティシエであり調理器具・製菓道具ショップの元販売員のセツコです
お菓子作りが上手になりたいならまずはレシピを理解する事が大切です。
お菓子作りに関するポイントやコツ、レシピを理解するためのヒントや
道具や材料の事を今までの仕事経験を活かし紹介しています
お菓子のこネタショップの案内はこちらにございます

ラム酒 [材料]

お友達からこんな質問メールが届きました。

『ダークラムとホワイトラム、どう違うの?』

あぁ、よく迷うよね。
と、いうわけでココでも説明します。

まずラム酒とはサトウキビから作られるお酒(蒸留酒)です。
栗や乳製品と相性がいいですね。

ラム酒は風味、色による分類があり、
風味を基準にする場合は軽いものから
ライト・ミディアム・ヘビーとあります。
色を基準にする場合は色が薄いものから
ホワイト・ゴールド・ダークと分けられます。

このようにラム酒はいろんな種類に分けられ、
それぞれ特徴があり風味や香りが異なります。
なので好みやお菓子にあわせて選ぶことが大切です。

ホワイトラムはクセがなくすっきりとした味です。
ほんのり風味をつけたりしたい時に使用します。
また、透明なので色をつけたくない場合にも使用されます。
一方茶色の色がついてるのがミディアムやヘビー、ダークラムです。
芳醇な香りが特徴なので香りをきかせたいお菓子や
濃厚な味のお菓子に向いています。
ドライフルーツのラム酒漬けもミディアムやヘビー、ダークラムがオススメです。

セツコはドライフルーツ漬けるのでラム酒はダークラムを700mlで購入してます。
お菓子作りには頻繁に使われることが多いラム酒なので
一年以内には必ず使い切ってしまいます。
たまにしか作らない、そんなにお酒は使用しない方は
ミニボトルで購入するのがオススメです。
コアントローやキルシュ、クレーム・ド・カシスなどは
セツコもミニボトルで購入してます。
最近はミニボトルも種類が増え売っているお店も増えてきたので購入しやすくなりました。
東急ハンズなんかでも売られるようになってきました。
ほんの少しの量ですが入れる・入れないで風味が変わってきますので
アルコールが大丈夫な方は入れることをオススメします。
お子様が食べられるようでしたら入れなくても大丈夫ですよ。


人気ブログランキングへ
気に入りましたら応援ポチをよろしくお願いしますm(_ _)m
クリックしていただいた方に感謝!!

タグ:材料
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
スポンサードリンク

お菓子作り,パン作り,レシピ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。